福祉系の学校を卒業してからの最初の就職先は食品会社

"私は福祉系の学校を卒業しましたが最初は福祉とは関係のない食品会社に就職しました。
その理由は在学中での実習で介護の仕事の実情を見て嫌になったからです。
学校は無事に卒業しましたが在学中に取得した福祉の資格といえば
社会福祉主事任用資格とホームヘルパー2級というものくらいです。
やはり、介護福祉士の資格がないと良い条件の求人がなかったのも実情です。
このような理由から少しでも給与面で恵まれていた食品会社に勤めることになったわけです。
しかし、食品会社に勤めて3年くらいたった時に福祉系の学校を卒業したのに
福祉の仕事を一回もしないで一生過ごすのもどうなんだろうと疑問に想い始めたため、勢いで転職を決意しました。
転職先は特別養護老人ホームでした。そこの施設で介護経験を3年積んで実務経験で介護福祉士の国家資格を取得しました。
資格を取得した後は自分にも自信が出来て介護の仕事が好きになり始めました。
今では勤め先の施設に行くのが日々楽しみになっています。
"

お役立ち情報一覧