仕事の効率性を上げるとっておきの方法

"仕事の成果を期待する企業の中には社長が精神論を延々述べ、社訓を一字一句完璧に覚え、会社に対する忠誠を育て上げるという所があります。日本の伝統を受け継ぐやり方です。
しかし、近年多様化する会社形態の中では新たな試みも見られるようになってきています。
例えば、ミーティングは畳の上に円になって座ってワイワイとやるといった方法や、専務が常にピコピコハンマーを常備し、ピコピコ叩いているとか、社長も社員も関係ない。仕事のパートナーだという社風などです。
一人ひとりが尊重される学校教育の影響もあるからでしょう。
それを理解しながら、会社のスタイルも変化させていくのも現役で働く側として必要なのかもしれません。。
これからは、人間関係を良くすることが大切なのかも知れませんね。"

お役立ち情報一覧

気になる格安のバーチャルオフィスとは?