社内の公用語は母国語に

"社内の公用語を英語にするというのは、どうかと思う。
いくら、今英語が世界のスタンダードだと言われているか、
それに合わせて社内の公用語まで変えてしまうのはやりすぎではないだろうか?

仕事をしていく上でコミュニケーションというのは、とても重要になってくる。
そもそも、母国語が日本語の者同士が会話をしていても、うまく伝わらないことがある。
会話というのは、とても難しい。
ちょっとした言葉の誤、言葉の受け取りの勘違いで、お互いを理解できずに、
揉めることも多々ある。

それなのに、普段慣れていない言葉、英語で、会話をすれば、そのコミュニケーションのずれが
ますます大きくなってしまうのではないであろうか?

会社としては、英語ができる人材を集めて、将来海外進出を目指すという意図があるかもしれないが、
足もとをちゃんとしないまま、そういう野望だけを持っていても、いずれはうまく行かなくなると思う。

それよりも、先にやるべきこと、もっと大切な事があると思う。"

お役立ち情報一覧