転職願いの上手な出し方

転職する際に注意すべき最も重要な点の1つは、転職を最初に相談するのは必ず直属の上司にするということです。同僚や仲の良い社員同士であっても上司より先に相談するのは止めておいた方が無難です。こうした情報はいつどこから漏れるともわかりません。万が一本人以外のルートで転職の噂が上司の耳に入った場合は、上司として少なからず不愉快に感じることもあります。

また転職する場合の最初の通知は2ヶ月前には相談しておくようにしましょう。特に長期に渡るプロジェクトなどが進行中である時などは、3ヶ月ほど前から予告しておいた方が職場に与える負担は少なくなります。転職で最も注意しなければならないことは自分が転職することによって会社に与えるダメージをいかに最小限にするかということです。「発つ鳥跡を濁さず」ではありませんが後に残る社員に迷惑をかけないようにするというのは転職の際の重要なマナーです。

転職する際に在籍期間が短かった人の場合はこうした会社や同僚などに対する配慮が不十分となることがあります。たとえ在籍期間が短かったとしてもお世話になったのは同じことです。またこれまでのキャリアがあったから転職できると言うことを考えると一方的な退職などはできないはずです。また最終的に転職の決意が固まった時にはやはり直属の上司に退職届を提出しましょう。またこれまで取引のあった外部の会社の人に対しても、転職の10日前程度を目安に案内を出すようにしておきます。

お役立ち情報一覧