転職先選びとエージェントについて

転職をするにあたっては転職エージェントを利用する人も多くいると思いますが転職エージェントを利用する場合にはメリットばかりではなくデメリットにも注意する必要があります。

まず転職エージェントを利用するメリットを先にあげれば、個人が収集する情報とは比較にならないほど大量の企業や転職に関する情報を持っています。そうした情報は転職の際のアドバイスとして受けることができ、しかも実践的で効果の高いアドバイスが多いのも特徴です。また転職エージェントに依頼する場合は面接の応募などの際にいちいち履歴書を書く手間なども軽減されますし、面接の手配なども行ってくれるエージェントも多くあります。

また書類選考の場合もエージェントのアドバイスを受けることができるので、書類選考での一時関門の通過率は高くなります。また書類選考で受からなかった場合などでも選考結果についての情報を教えてもらうことができます。また給与面での不満がある場合などは年収や昇給、支払方法などについて交渉してもらえる場合もあります。

こうしたメリットに対するデメリットとはどのようなものでしょうか。実はこうした転職エージェントというのは企業に人材を斡旋した見返りとなる報酬で経営が成り立っています。そのため企業側から見た場合、同程度の応募者がいる時ならエージェントを通さない人を採用した方が費用がかからなくて済みます。またこれは良く言われることですが、転職に関してあれもこれも転職エージェントに任せてしまうと実際に転職した際の感激や印象が希薄となり、モーチベーションが下がってしまうケースがあるのです。さらに転職エージェントの場合は担当者に直に会ってさまざまな相談をすることになりますので、万が一担当者との相性が悪い時には転職活動がスムーズに行かないということもあるので注意が必要です。

お役立ち情報一覧