人間関係が原因で退職、転職をする場合は

転職、退職をする際の理由は千差万別ですが、転職の理由をランキング形式で並べてみると面白い点に気がつきます。ここではあえて1位とか2位とかいった順位にはこだわらず、転職の理由として必ず上位に入ってくる理由を列挙してみましょう。「年収アッップのため」、「やりがいのある仕事をしたい」、「上司との相性が合わない」、「仕事に変化が無い」、「キャリアアップをしたい」、「会社の経営方針などに賛同できない」、「社風が合わない」、「同僚などと良い人間関係が築けない」、「もっと雰囲気の良い会社に移りたい」などと言ったところが転職理由の上位の常連です。

こうした理由は「所得」、「キャリアアップ」、「人間関係」、「会社に感じる違和感」などに大きく分けることができますが、転職の理由の中でも人間関係が主な理由となっている人の場合は、新しい会社選びの際には注意の上にも注意を重ねて慎重な職場探しをしなければなりません。転職やキャリアアップが主な理由となっている場合は多少の人間関係などは割り切ってしまうことも可能ですが、人間関係による転職だけはこうした他の理由とは同じように考えることはできないのです。

まず人間関係が原因で何度か転職をくり返しているような場合は自分を客観的に見つめ直すことから始めましょう。どんなに立派な会社に勤務していても、あるいは適材適所で収入面が良くとも、人間関係が複雑で大きなストレスとなっているようなケースは良くあることです。また根本的に人と接すことが苦手な人の場合は、ネットを利用して自分で事業を起こすとか、一人だけでじっくりと打ち込めるような職場を探した方が良いでしょう。

お役立ち情報一覧

人気案件が多い派遣会社なら品川にあります。