働きながらの転職活動について

スムーズな転職を実現させるためには、会社を辞める以前に働きながら就職活動を行うことが重要です。しかしそうはいっても実際に働きながら他の会社の面接を受けたり、連絡を取ったりするというのは思う以上に困難なものです。社員が転職を考えている際に現れる徴候としては「以前ほど仕事に対する熱意が感じられない」、「有給休暇を多く利用するようになる」、「聞いたことの無い会社から電話がかかってくる」、「就業時間以後の付き合いが悪くなる」などがあります。こうした徴候は自分ではうまく隠しているようでも経験を積んだ上司の目からすぐにそれと感づかれてしまいます。

仕事をしながら就職活動を行う際の注意点としては、まず日々の仕事の手を抜かないことが大切です。また職場で仲の良い同僚などがいる場合でも転職に関しては秘密にしておく方が賢明ですが、万が一知られてしまった場合などは、逆にアリバイ作りなどのために一役買ってもらう方がよいでしょう。また制服などの規定が無く私服で出社することが可能な会社の場合で良くあることですが、いつもならば身に付けることがないようなスーツ姿で突然出勤したりするとそれだけで就職活動をしていることを疑われることがあるので要注意です。このように勤務時間の後で面接がある時などは面倒でもスーツなどは荷物として持ち込み、勤務終了後に適当な場所を見つけて着替える方が良いでしょう。

また企業の面接は平日に行われることが多いのですが、これまであまり会社を欠勤したことがないような人の場合、急に休みが増えると就職活動をしていることが疑われてしまいます。このような時には午後からの出勤と言うことにして、面接先の会社には朝一番から面接をしてもらえるように頼みましょう。

お役立ち情報一覧