高齢者の転職には細心の注意が必要

いつの時代でもある程度の年齢になってくると再就職は難しくなるものです。まして世の中が不景気な時ともなると、フレッシュな世代であればまだ何とか仕事にありつけても、40~50歳を超えるような年代の人ではかなりの苦戦や長期戦を強いられる覚悟をしておいた方が良いでしょう。

ただしある程度年齢が高くとも、免許や資格、特殊な技術などを持っている人であれば、それを武器にしてより良い条件での転職に成功できるチャンスも多くなります。しかし営業以外はやったことがないなどという人の場合は、また1から新たな業界の仕組みやルールを学び直すことになるのでハードルはかなり高くなると言わざるを得ません。

50歳以上の人の場合には、できることであれば少々の問題があっても転職せずにこれまでの職場に踏みとどまると言うのが無難ですが、不景気のあおりでリストラの対象となってしまった場合などには自分の力ではどうにもなりません。しかしリストラの話が出始めたらすぐに再就職の準備に取りかかれるように注意しておけば、少しでも就職活動を行う期間が長く取れるためチャンスは多くなります。また年代の高い人の転職の場合はハローワークはもちろん、インターネット上の情報なども最大限に利用しましょう。

転職ではいったん会社を退職して次の会社に入社が決まるまでの間が長ければ長いほど、履歴書などに記入する職歴の上では不利となります。就職の面接時にはこうした空白の期間がある場合は必ずその理由を聞かれます。その時に職業訓練所などで積極的にスキルを磨いていたと言うような理由がはっきりと言えれば相手の見方も大きく変わります。

お役立ち情報一覧