社労士さんをお探しの方は

労働者の雇用、退職に応じて社会保険の加入などの手続、管理を行う社会保険労務士。三重で社労士さんをお探しの方は当サイトをご活用ください。市別に分かれているので簡単に探すことができます。

退職届ってどうやって出すの?

転職する際に注意すべき最も重要な点の1つは、転職を最初に相談するのは必ず直属の上司にするということです。同僚や仲の良い社員同士であっても上司より先に相談するのは止めておいた方が無難です。こうした情報はいつどこから漏れるともわかりません。万が一本人以外のルートで転職の噂が上司の耳に入った場合は、上司として少なからず不愉快に感じることもあります。

また転職する場合の最初の通知は2ヶ月前には相談しておくようにしましょう。特に長期に渡るプロジェクトなどが進行中である時などは、3ヶ月ほど前から予告しておいた方が職場に与える負担は少なくなります。転職で最も注意しなければならないことは自分が転職することによって会社に与えるダメージをいかに最小限にするかということです。「発つ鳥跡を濁さず」ではありませんが後に残る社員に迷惑をかけないようにするというのは転職の際の重要なマナーです。

転職する際に在籍期間が短かった人の場合はこうした会社や同僚などに対する配慮が不十分となることがあります。たとえ在籍期間が短かったとしてもお世話になったのは同じことです。またこれまでのキャリアがあったから転職できると言うことを考えると一方的な退職などはできないはずです。また最終的に転職の決意が固まった時にはやはり直属の上司に退職届を提出しましょう。またこれまで取引のあった外部の会社の人に対しても、転職の10日前程度を目安に案内を出すようにしておきます。

転職先の選び方のコツについて

転職先を選ぶ際に現時点での企業の安定度や知名度などをあげる人が多くいますがこれはいかがなものでしょうか。企業には企業年齢と呼ばれる寿命があります。中小企業では30~40年程度、大手の企業であればはるかに長く活動している場合もありますが、かと言って浮き沈みも無く右肩上がりで50年以上も続いている企業などと言うものはありません。現在は一部上場企業で就職の際の人気ランキングでもコンスタントに上位に選ばれるほどの企業でも5年後、10年後のこととなると誰にも分らないのです。

せっかく転職するのであればこうした現状ばかりを見るのではなくもっと他の視点、例えば「社風」や「自分のキャリアが伸ばせる職場か」などといったポイントで転職先を選んだ方が将来に渡っての充足感はより大きくなるのではないでしょうか。

また年収のアップを望んで転職する場合は年収の上位企業の資料などはいくらでも手に入るので、そのリストから自分に合った企業を探すのも良いかも知れません。しかし年収が高い企業はまず間違いなく仕事で求められるスキルは高く、実力主義が徹底している企業です。単に高額な年収のみに目を奪われて転職するのは要注意です。こうした年収の高い企業の場合はまだ若い年代であれば余り問題はありませんが、結婚して子供が生まれると仕事のプレッシャーなどが急速に大きくなり負担を感じてくるものです。

仕事を取るべきか家庭を優先すべきか、という問題はいつの時代にもあるものですが、仕事の内容と収入、さらに生活の3点からのバランスの取れた職場こそ長い期間に渡って安定して実力が発揮できる職場と言えるでしょう。

看護師になりたいです

"みなさんは今までに看護師になりたいと思ったことはありますでしょうか。おそらくですが、皆さんの多くは看護師という仕事をあまり良い風に思われていない方が多いのではないでしょうか。

確かに昔は看護師というと、それほど良いイメージはなかったかもしれません。ですが、今は看護師というと将来もっとも安定した職業のひとつとなる事は間違いないです。

というのも、今でさえ看護師の数は不足していて常に看護師が募集されているような状況です。ですが、今後は団塊の世代が老人になりますます病院の需要は増すこととなります。

そうなると、自然と看護師も今以上に必要となるのは当然です。ですから、私ももし今就職するなら看護師として働いてみたかったと思います。

それほど看護師というのは今後の優良株である事は間違いないです。それに今でも聞いたところによると結構給料面ではなかなかの待遇を受けているそうです。

ですから、私も今看護師としてやっていけるならやってみたいなと思う事があります。"

社内の公用語は母国語に

"社内の公用語を英語にするというのは、どうかと思う。
いくら、今英語が世界のスタンダードだと言われているか、
それに合わせて社内の公用語まで変えてしまうのはやりすぎではないだろうか?

仕事をしていく上でコミュニケーションというのは、とても重要になってくる。
そもそも、母国語が日本語の者同士が会話をしていても、うまく伝わらないことがある。
会話というのは、とても難しい。
ちょっとした言葉の誤、言葉の受け取りの勘違いで、お互いを理解できずに、
揉めることも多々ある。

それなのに、普段慣れていない言葉、英語で、会話をすれば、そのコミュニケーションのずれが
ますます大きくなってしまうのではないであろうか?

会社としては、英語ができる人材を集めて、将来海外進出を目指すという意図があるかもしれないが、
足もとをちゃんとしないまま、そういう野望だけを持っていても、いずれはうまく行かなくなると思う。

それよりも、先にやるべきこと、もっと大切な事があると思う。"

平日が休みの仕事をして思った事

"私は平日に休みがある仕事をした経験があります。
仕事内容は、バックや財布を売るお店の販売員でした。
販売の仕事は土日や祝日に出勤出来ないと、ほとんど雇ってもらえません。

本当は土日の休みであればその方が良いのですが、普通の人がお休みの日に物は売れるので仕方がありません。
その代り、平日の休みがもらえたので良い点もありました。
平日は銀行が開いているので、用事があった時にはゆっくり手続する事が可能です。
また、買い物をするにも平日は空いていて、ゆっくり買い物出来るのも魅力です。

悪い点は、土日に休みの友人とは会えないという事です。
時間が合わないので、友人と疎遠になってしまうという事もあり得ます。
子供がいる人には、土日が仕事だと一緒にいてあげられないし、どこかに連れて行ってあげる事も出来ないでしょう。

私は今は、日曜日は休みの仕事をしているので、夫と子供と出掛ける事が出来ます。
やはり、平日休みの仕事ではなく、皆が休んでいる土日には休みの仕事に就くのが一番だと思います。
"